remedy temporary service http://immersion.com/service/ritalin.html health care names

*

豆乳ローションで脱毛ができる?

公開日: : 最終更新日:2015/04/24 流行のムダ毛処理

豆乳ローションが脱毛や除毛に効果があるらしく、手作りレシピが公開されたり、市販品がかなり売れているようです。

売れている市販品は、単なる豆乳ローションだけでなく、パイナップル豆乳ローション、等の様々な派生品があります。

 

でも、豆乳にしても、パイナップルにしても、これらの成分が脱毛や除毛に効果があるとは思えません。本当に効果があるのか、調べてみました。

始めに、豆乳ローションを手作りする場合の代表的なレシピを紹介します。

・無調整豆乳 500ml (大豆固形分が 8% 以上)
・レモン 2 個
・消毒用エタノール 60ml

基本的にこれだけです。
では、どの成分が脱毛に聞いているのでしょうか?

豆乳?
レモンとか、エタノールではないよね??

ネットでいくつかのサイトを調べてみたところ、脱毛の原理は次のようなことでした。

1.ムダ毛は、毛穴の奥にある細胞(孟母細胞)から生えてきています。
2.豆乳の成分である「大豆イソフラボン」がこの孟母細胞の働きを抑える。
3.豆乳ローション中のエタノールは、大豆から大豆イソフラボンを抽出する働きがあるので、エタノールを加えることにより、たくさんの大豆イソフラボンが孟母細胞に作用する。さらに、エタノールがあることで、皮膚に有効成分が浸透しやすくなる。
4.また、大豆イソフラボンは、皮膚の黒ずみの原因であるメラニン色素をつくるメラノサイト細胞の働きも抑えるので、皮膚の色も徐々に薄くなる。

もっともらしいことが書かれていますが、いくつかの点で間違っていることがあります。

まず、「大豆イソフラボン」では、孟母細胞の働きは抑えられないということ。

 

大豆イソフラボンは、女性ホルモン用物質であるため、

「女性ホルモン⇒男性ホルモンを抑える⇒体毛やムダ毛の発育が抑えられる」というイメージをもたせているのだと思います。

 

しかし、大豆イソフラボン自体に、体毛の発育を抑制したり、脱毛したりする研究や論本は一切、発表されていません。

 

また、いくらエタノールがあるといっても、大豆イソフラボンのような大きな分子の物質を皮膚の細胞に取り込ませるというのは基本的にはできません。

大豆イソフラボンの脱毛効果は、まだ発見、発表されていませんが、もし効果があるとすれば、食事としてとった場合は可能性があると思います。

大豆イソフラボンが女性ホルモンであるエストロゲンに近い分子構造をもっているということは事実ですから、食事として飲めばある程度は、吸収され、エストロゲン的は働きをするかもしれません。。

 

そうすれば、上で書いたように、男性ホルモンの働きを抑制することでムダ毛の発育が抑制される可能性はあります。

 

ということで、結論としては、豆乳ローションに脱毛や除毛の効果は期待できない、ということです。

 

もし、豆乳ローションを使いたい、というのであれば、脱毛サロンや、自己処理で除毛した後、お肌をケアするためのローションとして使ってください。

他のページでも書きましたが、脱毛サロンにいったり、カミソリややピンセットで毛を抜いたりすると、お肌にかなりダメージを受けているので、何かしらのケアが必要になります。

 

効果という点では、ヒアルロン酸やコラーゲン入りのローションやクリームがいいと思いますが、豆乳ローションは、ぜひ、お肌を整えるために使ってください。

 

私としては、日ごろから、野菜や魚などを食べてお肌を整えておく方が大切だと思っています。できるだけ、油が多い洋食ではなく、日本食を食べることが重要です。

 

年末はどうしても、暴飲暴食をしがちなので、お正月は、低脂肪、高たんぱくの日本食(おせち料理等)を食べるよう心掛けたいものです。

 

私も、今、早割期間中なので、今年のおせちを頼んじゃいました。

参考にさせてもらった口コミサイトを紹介しておきます。

http://おせち通販おすすめ.com/

 

 

関連記事

記事はありませんでした

脱毛クリーム
脱毛クリームのメリット、デメリット

脱毛クリームのメリット、デメリットについてかんがえると、まずは脱毛クリ

no image
豆乳ローションで脱毛ができる?

豆乳ローションが脱毛や除毛に効果があるらしく、手作りレシピが公開された

→もっと見る

PAGE TOP ↑